G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1 

Enduring great car G 63 AMG Will miss is why classical iron box to accumulate snow scene. Familiar iron safe with a long history, Rugged and simple iron box that does not change almost appearance 30 years, I was equipped with the AMG Co. torqueful V8 engine in a box of this iron Slopes of 2000-type W463 AMG G55L complete, G class of AMG, which continues to be a popular unchanged Unique Naru design that does not depend on age. Karekore ago of the former '15 AMG G55L of registration 2000 formula The NA non turbo engine I was installed Complete model.

G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L改の魅力。 

Geländewagen 463

雪の積もるシーンには何故かクラシカルな鉄の箱が恋しくなります。
このビコロツートンカラーリングの限定車が
発売される2年くらい前に偶然にも屋根黒ツートンボディー
フェンダー4カ所前後バンパーを
ブラック&シルバーのコンビネーションでカスタムモディファイです。

長い歴史を持つお馴染みの頑丈なる鉄金庫、
30年間外観がほとんど変わらない無骨でシンプルな鉄の箱、
この鉄の箱にAMG社製のトルクフルなV8エンジンを搭載させた
2000年式のゲレンデW463 AMG G55Lコンプリートマシンです。

変わらず人気であり続けているAMG のGクラスは
一貫して同じスタイルを主張。
時代に左右されない独特なる角のデザインで御座います。

かれこれ17年も前のかつての 
AMG G55Lは登録2000年式の
NAノンターボAMG5500ccエンジンを搭載させた
一応は正真正銘のAMGコンプリートモデルで御座います!


不朽の名車 G 63 AMG仕様の 
クラシカル AMG G55L改の物語で御座います!


AMG spec M11398260


エンジン型式 11398260
最高出力 353ps(260kW)/5500rpm
最大トルク 53.5kg・m(524.7N・m)/3000rpm
種類 水冷V型8気筒SOHC24バルブ
総排気量 5438cc
内径×行程 97.0mm×92.0mm
圧縮比 10.5
過給機 なし
燃料供給装置 電子制御式
燃料タンク容量 96リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

蘇る鉄金庫 G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463

463    _DSF3679



Auto Fashion Factory Co., Ltd.
2018 11 24 土曜日 AFF-1

AMG  ワイドフェンダーのリペイント!
 
AMG ワイドオーバーフェンダーを、
艶消しブラックで4カ所全部を再塗装です!
 
今までのフェンダーは艶有りのピアノブラック仕様でしたが、
この際ですから4カ所全部を気分転換でラバーブラックスタイルでの
フラットブラックスタイルへとイメージチェンジで御座います!


コンビネーションスタイルとしてのG63仕様。
 
ツートン腰下部分は、
フラットブラックスタイルへとイメージチェンジです。

AMG  G63デザインのフロントバンパー&
リアアルミ素材のセンターバンパーASSY&
左右のプラスティックカバーパネルも同じく、
艶消しの黒 フラットブラックスタイルへと
イメージチェンジさせるため
一旦全てを分解し取り外し板金屋さんへ
パーツとしてペイントの為に出しました。

フロントバンパーにマウントされた四角い金属部分、
2本のシルバークロームアクセントは、
艶ありのブラックでペイントです! 

G63フロントグリルのクロームを75%程度排除。
 
インナー部のスリーポインテッドスターマークだけ、
クロームシルバーで残しで後はフラットベースの
ガンメタ塗装でシックに色のトーンを揃えます!

フロントグリル下側のフィンの部分は
シャドーガンメタトーンで自然な雰囲気で横方向へと仕上げます!
 
そしてフロントライト横のボディーラインロアパネル左右も、
この際ですからフロントグリルのロアー部に合わせて、
シャドーガンメタペイントで下廻りのグラデーションで仕上げます!

このガンメタの差し色ですが
目立たない影のようなトーンで御座いますから、
違和感はそれほど感じさせず大きくは目に飛び込んで参りません!

実はライトの周りは数年前から陰影アクセントの意味も含めて、
シャドートーンでダークな部分にはガンメタを入れて御座います!
 
ロアーパネル部とロアーグリルのフィンは、
艶有りガンメタカラーリペイントにてイメージチェンジです!

リアの後期 AMG  G63  
赤い純正ウォンカーランプ左右も、
なんちゃってでは御座いますが、
最新型ゲレンデ風の LEDチューブ式の
赤いウォンカーランプKITに左右で変更で御座います!

リアフォグも純正では左右の色が違うのが特徴ですが、
黒い色に合わせてLEDランプの左右を同じグレートーンで統一です。
モノトーングレー LEDへと入れ替え予定で御座います!
リアバンパーはブラックラバー仕上げの艶消しブラックで仕上げます!
この組み合わせでシックなトーンで腰下が引き締まるのかも知れません! 

小さな変更点では御座いますが、
大きなイメージチェンジに繋がるかも知れません! 
 

Toshifumi  Kako  



463    _DSF3442









463    _DSF3439










463    _DSF3584









463    _DSF3846








463    _DSF3879








463    _DSF3835







463    _DSF3788








463    _DSF3757









463    _DSF3857







463    _DSF3776







463    _DSF3825






463    _DSF3685






463    _DSF3690






463    _DSF3606








463    _DSF3647






463    _DSF3698







463    _DSF3601








463    _DSF3557









463    _DSF3570









463     _DSF3882









5555555555  _DSC8291





Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日



G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463  エクステリア 簡単なイメージチェンジで御座います!  2018 11 23  

5555555555  _DSC8291


Auto Fashion Factory Co., Ltd.
2018 11 23 金曜日 AFF-1
 
当て逃げ事故から2週間が経過しました!
 
AFF-3  通勤途中に後方からの
車線変更による接触事故が発生。
 
そして保険会社さんの事故調査協定までの流れで御座います。


東京海上日動調査サービス株式会社の
最初の担当アジャスター嶋田さんから、
修理内容についての
お見積もりがFAXにて送られて来ましたが、
その後 嶋田さん御本人からの
直接の電話は御座いませんでした。


 
なんでも最近の新しい保険修理の規約ルールは、
ぶつけられても何でもかんでも交換すれば良い
という部品交換修理の流れではなくなりました。
 
それは相手からの追突事故であっても、
方針変更のルールは同じ事のようです。

事故によりたとえ内部が衝撃により、
強く押されて変形していても、
クルマを走らせる走行上の、
問題はないので基本的には、
ASSY交換は出来ないという見解なので御座います。
 
これからの新しい保険のルールは、
目に見える表面のみを綺麗に修理しさせて完成させる修理内容。

中古車の場合は納車したての、
低走行距離の新車コンディションではないので
特に年数の経過したような古い車両であれば、
出来る限り我慢して局部修理対応で乗り続けてくださいという、
コスト削減と修理費用節約理論に変更なので御座います!
 
数トン近くの重量級の金属の塊としての、
相手側のクルマにぶつけられたとしても、
基本的には走行出来ない訳ではないので、
外観上綺麗になればそれで修理対応でお願いしますとのコト!
 
との事で御座いますから、
保険会社さん側の取り決めで、
新しく方針とルールが大きく変わりました!

話し合いにはならない場合も時として御座います!
 
偶然にも嶋田さんから
FAX 見積もりが届いた
2018年11月20日の火曜日その日に、
 
東京海上日動さんからは、
新しいアジャスターさんが
数名お見えになりました!
 
新しい担当アジャスターさんは、
東京海上日動調査サービス株式会社勤務、
神奈川事業所の技術課長の平間さん
 
それから東京海上日動本社
神奈川損害サービス部損害
サービス第二課課長代理の牧野さん
 
そして東京海上日動本社
横浜中央支点課長代理 
専業代理店支援チームの
玉川さんの合計4名で御座います。
 
嶋田さんの節約モードでお造りになられた、
修理協定お見積もりからの担当者変更扱いとなり、
事故状況と損傷具合の新しい調査、
再度見直しアジャスティング協定となりました。
 
なんだかんだと時間だけがどんどんと流れて行きます!
 
再度お見積もりは
週明けの予定となるようです!

回転傷の入った
AMG  20インチアルミホイールの本体交換以外は、
全て局部ペイント修理対応で作られた、簡単な修理協定見積もりですが、
週明けには少し良い方向へと傾くのかも知れません!
 
当時の損傷具合からの大きな変更点は、
衝撃によるリアオーバーフェンダーの
内側のラバーモール外れ状態を、嶋田さんが個人的に
ご丁寧にも綺麗に填め直してくれたようで、
事故損傷具合からは少し
修繕方向へと変化している点以外は、
事故当時の損傷具合は
ある程度同じ環境で御座います!
 
エクステリアのイメージチェンジで
こちらで費用を全額負担して、
面倒臭いですから綺麗に保険を一切使わずに
修理するパターンも同時に考えております!

時間が必要以上に浪費されて、
肝心の保険会社さんとしての修理対応が、
非常に難しい判定のようでしたら尚更で御座います!



 
Toshifumi Kako







5555555555  _DSC8317







5555555555  _DSC8134




5555555555  _DSC8211








5555555555  _DSC8134



5555555555  _DSC8199







5555555555  _DSC8139




5555555555  _DSC8211






5555555555  _DSC8186







5555555555  _DSC8150




5555555555  _DSC8276








5555555555  _DSC8160





5555555555  _DSC8317






5555555555  _DSC8170




5555555555  _DSC8266






5555555555  _DSC8172









5555555555  _DSC8101





5555555555  _DSC8081







463    _DSF3647








5555555555  _DSC8111






5555555555  _DSC8130







5555555555  _DSC8093





5555555555  _DSC8020







5555555555  _DSC8079







463    _DSF3647








5555555555  _DSC8090







5555555555  _DSC8020





5555555555  _DSC7958







5555555555  _DSC7915






5555555555  _DSC7902






5555555555  _DSC7900







5555555555  _DSC7941





5555555555  _DSC7968









463    _DSF3679









5555555555  _DSC8000









5555555555  _DSC7894










333333333__DSC8342






5555555555  _DSC7844





333333333_DSC8324







5555555555  _DSC7866






5555555555  _DSC7857







5555555555  _DSC7870






5555555555  _DSC7879








463    _DSF3685









46229046_2212878388745267_7011198768263462912_o






333333333__DSC8340







Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日







463    _DSF3647







2018年11月09日 交通事故 後方からの激突当て逃げ事故 その後 保険会社のアジャスター嶋田氏の対応について! 

45886686_2206326036067169_8338536304895590400_n 



Auto Fashion Factory Co., Ltd.
2018 11 09 金曜日 AFF-3

朝 通勤途中に後方からの接触事故。

場所は玉川インター出口環八と合流する途中。
時間帯は午前10時30分頃でした。
TOYOTA レクサス販売店の前の3車線道路、
目黒街道に向かう方向での交差点前での後方接触事故でした。

なんと右後ろを周辺をドシャーンと、
後方側面から合流時にぶつけられました!

運転者は直進の志賀 
クルマはゲレンデG55L 改 63T仕様

3車線中のセンター中央ラインを、
志賀が普通に走らせておりましたら、
3車線右側後方から相手側のクルマが激突、
相手は左前方付近の接触事故となります。

ここは左折れレーンに集中する魔の合流地帯。
目黒街道へ合流させるため車線変更の激しい、
クルマの流れも多い危険な場所でも有名です。

相手側のクルマはシルバーの箱型セダンで、
推定年齢65歳くらいのメガネを掛けたおじさんでした!

相手はなんとぶつけた後にそのまま現場からまさかの逃走!
お互いのクルマを事故後安全な位置へと移動する、
瞬間の隙をついてその場から忽然と居なくなりました。

避けようもなく後方からぶつけられ無責任にも、
そのまま逃走という悪質な当て逃げ事故で御座います!

その後 現場から少し離れた場所で、
警察官と事故状況を説明で御座います。
リアバンパーASSYと右後輪アルミホイール回転傷と、
右フェンダーの一部破損
そしてボディーへの傷という事故損傷内容です。

まあ怪我もなく部品の交換くらいで、
修理が可能な
接触事故でした。

事故を起こし相手に車両をぶつけ、 
そのまま現場から逃走するとは、
これまた信じられない無責任な出来事なので御座います!

逃走するということはそれ相応の非があったのでしょう!
相手は多分ですがクルマを走行中、
肝心の左側車両を見ていなかったのだと推測されます!
 
携帯電話かなんかで通話中だった時に多い散漫運転。
ついうっかり不注意による接触事故のパターンだったのかも知れません!



AMG  G55L  G63仕様の弊社加入保険は、
東京海上日動の桂川さんで御座います!

金曜日の事故ですから立ち会いは火曜日となりました。




46225229_2212878718745234_4401819236146610176_o









45722943_2206326056067167_7123683459234529280_n



Auto Fashion Factory Co., Ltd.
2018 11 13 火曜日 AFF-1


事故状況損傷具合確認としての立ち会い


AMG  G55L  G63仕様の構造はとても頑丈で、
ちょっとやそっとの事故くらいではビクともしません!
それは良いメリットの反面 このような事故の場合には、
ある意味非常に困るようなデメリットとなる出来事となりました。

調査員は東京海上日動本社勤務の
調査員 嶋田さんというアジャスターさんが来店
前回にも数回程度会った事があるのですが、
どうも名前と顔が一致せず くらいの方で御座います。

リアバンパー側面は時速40キロくらいで、
ぶつかって来たのが銀色の鉄の塊クラウンセダン。

バンパーASSYが事故の衝撃でぶつけられ中側に変形して陥没。
右側フェンダーの角表面の塗装膜が割れて傷が引きずる程度の損傷具合。
側面はアルミ20インチが擦れて傷が回転方向で刳れ傷が入った程度、
衝撃吸収構造なので またしばらく時間が経過してしまうと、
元の位置へと自然に復元してしまうという外観上の壊れ具合!

東京海上日動本社からお越しの嶋田調査員は、

なんでも交換すれば良いと言う訳には行きません!
これはこれで別にクルマが走れない訳ではないので、
剥がれた接触部分の色を塗って表面的に直してください
とこれまた節約モード全開の厳しきご提案でした。

衝撃が加わり内部で変形して陥没損傷事故なのですが、
この変形した部品を基本的には交換しないと、
本質的な修理対応にはならないのですが、
肝心の変形されたリアバンパーの交換は認められずに、
表面周辺の局部のパネルを交換しての部分ペイント対応修理。
 
押されて変形したリアフェンダーも部品交換ではなく、
局部ペイント修理の範囲内で対応してくださいとの事、
アルミホイールくらいは1本新品交換しても良いとの事でした。

当て逃げされ仕方なく自分の車両保険を使う羽目に!

それでいて保険会社さん側の見解では、
部品の交換も認められずに、
局部ペイントで修理をしてくれとの事!
会社の方針で出来る限り節約精神の気持ちに、
金額を纏めるのはある程度は理解出来ますが、

これはこれで別にこのクルマが、
走れない訳では ないのでという お言葉?

それでは普通に運転出来て走れるのならば、
修理内容は なんでも良いのかとついつい反論したくもなります。

これではせっかくの車両保険加入 
本来の意味すらも微塵も御座いません。

十人十色の見解はもちろん御座いますが、
調査アジャスターさん次第で
この修理対応の判例は、
これまた厳しい流れなので御座います。

事故内容 見解の相違ではありませんが、
このような妥協的な考えを初めから持つような人では、
事故分析も含めて修理協定の折り合いもつかないどころか、
無駄に時間だけが浪費して話し合いにもならないと思います。

担当を嶋田さん以外の他の調査アジャスターさんに、
変えて頂きたいと正直思いました。

質実剛健ドイツの鉄金庫 

頑丈でしかも必要以上に丈夫なゲレンデW463ボディーは、
外観上はさほど問題無く第三者にはそう観えてしまうのです。

プロフェッショナルと呼ばれるような審美眼厳しき筋金入りとされる、
経験値を積んだ筈の保険会社のアジャスターさんレベルの人でも、
このような判定なので御座いますから、こんな時には本当に対応に困ります。



Toshifumi  Kako  




45793310_2206326862733753_2255216979860258816_o








45722463_2206326439400462_4300076266972774400_n









46229046_2212878388745267_7011198768263462912_o











45791900_2206326606067112_535818855465877504_o








45709297_2206326469400459_7904526788733173760_n









45730370_2206326289400477_7156340530832474112_o










46156376_2212878755411897_3804665881166872576_o











45703412_2206327212733718_1122583118348288000_n








45734178_2206327389400367_2171100715382996992_o







45745315_2206327616067011_8894313237730820096_o








45737160_2206326779400428_3568785001665265664_n








45759628_2206325866067186_6161339214148403200_o









45639791_2206326882733751_2228786786207793152_n-1









45730370_2206326289400477_7156340530832474112_o







45759628_2206325866067186_6161339214148403200_o







45687355_2206326896067083_5187368973628342272_n






45680336_2206327452733694_8737701588904181760_o







45677056_2206326616067111_8473680925492772864_o






45672259_2206325892733850_5983742441012854784_o






45663318_2206326309400475_3155120101338906624_n







45698623_2206326179400488_6786568285010788352_n








45714987_2206325949400511_3288735120873226240_o







45817353_2206327266067046_4419682885598969856_o







45791900_2206326606067112_535818855465877504_o






45730370_2206326289400477_7156340530832474112_o






45698408_2206325852733854_1698645048578539520_o







45685756_2206327022733737_3349077921028374528_o






45657094_2206326162733823_7674669931576688640_n




Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日




46101250_2212878922078547_6750310385846321152_o









46110750_2212680318765074_342165317029462016_o









46095488_2212878682078571_5752675798943268864_o





Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日














Gallery Photo image
  • 2019 05 24 目黒街道で追突オカマ事故発生 W463の頑丈な構造!
  • 2019 05 24 目黒街道で追突オカマ事故発生 W463の頑丈な構造!
  • 2019 05 10  ブレーキ ABS 故障で不意のトラブル発生 エンジン回転数4000回転以上で燃料カット!
  • 2019 05 10  ブレーキ ABS 故障で不意のトラブル発生 エンジン回転数4000回転以上で燃料カット!
  • 2019 05 10  ブレーキ ABS 故障で不意のトラブル発生 エンジン回転数4000回転以上で燃料カット!
  • W463   Gクラスに待望の22インチ SPORTS CLASSIC 22  FORGED  を仮装着です!
  • W463   Gクラスに待望の22インチ SPORTS CLASSIC 22  FORGED  を仮装着です!
  • W463   Gクラスに待望の22インチ SPORTS CLASSIC 22  FORGED  を仮装着です!
  • W463   Gクラスに待望の22インチ SPORTS CLASSIC 22  FORGED  を仮装着です!
Latest article Gallery Photo
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文