G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1 

Enduring great car G 63 AMG Will miss is why classical iron box to accumulate snow scene. Familiar iron safe with a long history, Rugged and simple iron box that does not change almost appearance 30 years, I was equipped with the AMG Co. torqueful V8 engine in a box of this iron Slopes of 2000-type W463 AMG G55L complete, G class of AMG, which continues to be a popular unchanged Unique Naru design that does not depend on age. Karekore ago of the former '15 AMG G55L of registration 2000 formula The NA non turbo engine I was installed Complete model.

G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L改の魅力。 

Geländewagen 463

雪の積もるシーンには何故かクラシカルな鉄の箱が恋しくなります。
このビコロツートンカラーリングの限定車が
発売される2年くらい前に偶然にも屋根黒ツートンボディー
フェンダー4カ所前後バンパーを
ブラック&シルバーのコンビネーションでカスタムモディファイです。

長い歴史を持つお馴染みの頑丈なる鉄金庫、
30年間外観がほとんど変わらない無骨でシンプルな鉄の箱、
この鉄の箱にAMG社製のトルクフルなV8エンジンを搭載させた
2000年式のゲレンデW463 AMG G55Lコンプリートマシンです。

変わらず人気であり続けているAMG のGクラスは
一貫して同じスタイルを主張。
時代に左右されない独特なる角のデザインで御座います。

かれこれ17年も前のかつての 
AMG G55Lは登録2000年式の
NAノンターボAMG5500ccエンジンを搭載させた
一応は正真正銘のAMGコンプリートモデルで御座います!


不朽の名車 G 63 AMG仕様の 
クラシカル AMG G55L改の物語で御座います!


AMG spec M11398260


エンジン型式 11398260
最高出力 353ps(260kW)/5500rpm
最大トルク 53.5kg・m(524.7N・m)/3000rpm
種類 水冷V型8気筒SOHC24バルブ
総排気量 5438cc
内径×行程 97.0mm×92.0mm
圧縮比 10.5
過給機 なし
燃料供給装置 電子制御式
燃料タンク容量 96リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

G55L 1ナンバー取得大作戦 希望番号はお約束の No 63

AFF-1  0315  _DSC0060


2000年式G55L  

新しく新品のバッテリーを交換させて
気がつけば継続車検の季節到来です。
継続車検から思い切って今度は憧れの1ナンバーへと
構造変更車検にチャレンジしようと考えております。
スポーツ2シーター登録もしくは、
4シーター登録のどちらかを検討中です。

使用頻度の少ないリアスペアタイヤASSYを取り外し
スムージングフラットパネルへとイメージチェンジさせました。
なんとなく物足りないようにも感じますが、
無ければ無いでスッキリ好感度リアフォルムです。

排気量は現行G63と同じ5500ccです。
限定車が発売される約2年前からこの組み合わせでのツートンカラー
天井まで黒く色塗りをしてブラック&シルバーのコンビネーション。
RECARO  のCSEを2座席装着させてクラッシックスタイルで堪能。


Toshifumi  Kako  






AFF-1  0315   _DSC0007








AFF-1  0315  _DSC0177









220  AMG  _DSC0759









220  AMG  3_DSC0993









220++AMG++_DSC0529









220  AMG  _DSC0780









220  AMG  3_DSC0985








911  _DSC1989











555555__DSC0860










AMG  G63L  W463  Kako








comIMGP8824











955   _DSC0372










10838072_900859766613809_2080661680025183978_o






AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1
Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1
 
045-591-0888

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00
Thursday regular holiday



AFF3 Mechanical Tokyo

Tokyo just right in the middle

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop
Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F
 
03-6459-0831

Representative Director Kako Toshifumi
AM: 11: 30 ~  PM: 20: 00






W463 G63L AMG エアコン無しで乗り切る猛暑の夏。

5555555_DSC0498



2015年07月12日の日曜日

久しぶりにW463に乗ったらなんとバッテリー上がりでした。
普通にエンジンが始動して問題なく走行しましたが、
肝心な荷物を載せたり降ろしたりとしている間にバッテリー上がりです。
バッテリースターティングKITで再始動させて運搬物を運んで終了。
エアコンの無い健康的なW463は最高のサウナ状態でした。


Toshifumi  Kako  








5555555_DSC0491













W463 エアコンレスで過ごす猛暑の夏  

66666_DSC0140


基本的にエアコンを使用せずに窓を開けながら走行させております。

エアコンの風は不自然でなんとも微妙な冷たさで御座います。
どうせなら自然な風通しの良さを満喫という事で夏の猛暑を乗り切ります〜!


Gallery Photo image
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
  • G 63 AMG 20th Anniversary Edition G55L Geländewagen 463 の魅力。Ver-1   2018  10  06
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文